ここからは私がどうして神待ちをしようと思い立ったのか、そしてどんなことをして神待ちを成功させたのかをお話していきたいと思います。たぶん実際に神待ちをしたことがない人からすると「ただ単に声をかけられるのを待っていれば泊めてもらえるだろう」と思われるでしょうね。だけど実際はそんなに容易じゃないんですよ。私も自分が神待ちをするまでは同じようなイメージを持っていました。ナンパされるのを待って、声をかけてくれた人に泊めてって言ったら簡単に行くと思ってたんです。だって女子大生が泊めてほしいって言ったらどんな男性だってその気になるでしょう??だからすぐに成功すると思ってました。

 

だけどいざ街に繰り出して声をかけられるのを待ってみても、最近じゃナンパしてくるような男性っていないんですよね。それに声をかけてくれたとしても同年代のチャラ男ばかり。私の好みは父親と同年代の男性なのに、そういう男性からは一向に話しかけられません。考えてみれば当然ですよね。中年男性が女子大生をナンパするわけないんですから。

 

という事で実際に街に出て神待ちをするというのは極めて困難だという事がすぐにわかりました。いくら待っていてもファザコンの私が満足するような男性からは声はかけられないし、寄ってくるのはチャラ男ばかり。これじゃいつまでたっても成功しないとすぐに見切りをつけたわけです。いずれにしても想像していた以上に街に繰り出して神待ちをするのは容易じゃないという事です。

 

これは個人的な感想ですけど、女子大生を家に泊めてくれるような男性って、どこか内気な男性だと思うんです。だから街でナンパするような人は神ではないという事です。100%ではないけど、神は夜の繁華街をウロウロしているという事はまずないと思います。

 

登録無料の定番サイト

項目別神待ちサイト徹底比較

神待ちサイト総合ランキング

安全かつ確実に神待ちに出会うなら