これだけだと一見するとまるで親子のように見えるでしょう。40過ぎの男性と女子大生が寄り添って歩いているんですから、変な目で見なければ仲の良い父と娘といった感じだと思います。私はそれが嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。この時間がずっと続けばと真剣に思っていました。男性の自宅に到着するまでは…

 

男性の自宅はちょっと驚くくらい素敵なマンションでした。もちろん独身なので生活感があまりない部屋だったんですが、きっと家賃も高いのではないかと想像できるほど素敵な部屋でした。その部屋に入ると男性はキッチンからワインを取り出してきて、一緒に飲むように勧めてきました。お酒が苦手な私は最初拒んでいたんですが、飲みやすいからと言うので一口だけ飲むことに。すると思いのほか美味しかったので自分でも驚くほどスイスイとワインを飲んでしまいました。

 

当然すぐに酔いが回ってきます。なんだか頭がボーっとしてきました。すると向かい合って座っていた男性がおもむろに私の隣に席を移し、そっと手を握ってきました。そして「本当にいとわないの??」と耳元で聞いてきたので、私は「もちろん」と答えました。男性は私にキスをし服の上から体を触り、そして私の体を持ち上げて寝室へ。それから私は男性のされるがままです。いとわないと言ったんだから仕方ありません。いや、どこかで私もそれを望んでいたのかもしれません。だからその男性とのエッチは凄く良いものでした。相手の男性も凄く満足してくれたようです。

 

こうして私の初の神待ちは成功しました。父親のような優しい男性と食事をし、お酒を飲み、そしてエッチをする。ファザコンの私の望みを全て叶えてくれたその男性には本当に感謝しています。

 

登録無料の定番サイト

項目別神待ちサイト徹底比較

神待ちサイト総合ランキング

安全かつ確実に神待ちに出会うなら